【ブルマとスク水姿で3Pする淫乱女神】戦乙女ヴァルキリーG~戦乙女の黄昏~

戦乙女ヴァルキリーG

神々と魔族たちの最終戦争・ラグナロクが終了した後のミッドガルドは、いまだ混沌が支配していた。かつて、暗黒騎士団長を務めていたデュークは天界の至宝・ヴァルキリーたちを虜にし、ミッドガルドの混乱に乗じて魔界の勢力のほぼ半分を手中にして、荒れ果てたミッドガルドに自分の王国を建設しようとしていた。そして、ラグナロク後に一命を取り留めたアリーヤや、父親離れしたヒルデガード、デュークに骨抜きにされたファフニールなどに国作りを協力させ、夜は夜で肉棒に奉仕させるという生活を送っていた。

そこに、天界に帰ったはずのレイアが戻ってくる。オーディンが遁走した後のアースガルドお混乱を収めたレイアは、デュークのことが忘れられずに『ミッドガルドの民を守る』という名目でやってきたのだ。
レイアが戻ってきたことにやぶさかではないデュークだったが、アリーヤをはじめ、ハーレムにまた女神が増えてしまうということで、ひと騒動が起こってしまう…。

戦乙女ヴァルキリーG
戦乙女ヴァルキリーG~戦乙女の黄昏~

【コスチューム】
体操シャツ+紺色ブルマ、女神(残月の戦女神・アリーヤ)なのがポイント。
紺色のスクール水着、女神(蒼穹の戦女神・レイア)なのがポイント。
・ブルマとスク水姿でお尻を突き出す
・体操着を脱いだり肩紐を外しておっぱい丸出しのまま抱き合いながらブルマずらしチンポ挿入、ザーメンぶっかけ

戦乙女ヴァルキリーGDLsiteで買う 戦乙女ヴァルキリーG~戦乙女の黄昏~DMMで買う

スポンサーリンク

フォローする