【おっぱいを揉まれながらブルマ姿で犯される眼鏡女子高生】黄昏に煌く銀の繰眼

黄昏に煌く銀の繰眼

エロゲメ-カー:clockup team.ANISE

「今の自分を変えてみたいか?」

灰色の隙間に射し込んだのは逢魔が時の空の色。
夕闇に立つ少女の発したその一言が、俺の灰色に沈みこんだ日常をぶち壊した。

「思うがままに生き、今までを覆すような力を手にして、そこから這い出したいか?」

朱から紫、紫から闇。
夕陽の光も瞬く星の輝きも、全てを呑み込み圧倒するグラデーションの中で俺のなにかが変わっていく。
俺の暗く沈んだモノトーンの日常が、妖しい少女の笑みと共に鮮烈な色彩を帯びた世界へと変貌する。

力と共に漏れ出す、なんとも言えない禍々しさすら覚える笑い。
俺の中で抑え付けられていたものが解き放たれるその予感と、この手に与えられた力の可能性が、
久しく忘れていた夢と希望を思い出させる。
気力も湧かず、ただ流されていた俺の中に泡立つような活力が漲り、足元にまとわりつく気怠さからその身体を押し上げる。
息苦しい泥沼の中から、ついに這い上がれる時が来た。

俺に与えられた時間は13日間。
??そして、俺に与えられたのは、人の心をねじ伏せる力。

「ふふっそうだ。せいぜい楽しむがよい。13日間をな。」

……楽しめ、だって?ああ、楽しんでやる。

俺のことを見下してくるあいつら。
俺の周りに付きまとってくるわずらわしいあいつら。
俺の視界の中で嘲笑っているあいつら……。
そんな奴等に抑え付けられ、押し潰され、嘲笑われていた日々から、俺はこの力で解放される。

……そうだ、今度は俺の番だ。

今までの分を、取り戻してやる。
抑え付け、押し潰し、嘲笑ってやる。
俺が満たされなかった分を、この13日間ですべて取り戻す。

――満たされるのなら、取り戻せるのなら、この俺に14日目の朝は必要ない。

黄昏に煌く銀の繰眼
黄昏に煌く銀の繰眼

【コスチューム】
体操シャツ+臙脂色ブルマ、高校二年生の女子高生(須賀くるみ)なのがポイント。
・体操着を捲られて丸出しのおっぱいを揉まれながらブルマずらしチンポ挿入

黄昏に煌く銀の繰眼DLsiteで買う 黄昏に煌く銀の繰眼DMMで買う

スポンサーリンク

フォローする